教える…のではなく

2007.08.27 Mon

アクアグライド

幼児期、3歳頃から小学校低学年にかけて、運動能力を発達させるためには
神経を刺激するような動きを、反復させるのがいい・・・・そう言われています。
筋肉や関節を動かす神経を刺激してやると幼児期のそれはそのメモリーに
しっかりとインプリされていきます。
基本的な体の動きを、神経が覚えていくわけです。
例えば「ボールを投げる」「ボールを蹴る」などです。
幼児期に「投げる」という動作を神経が覚えていないと、少し大きくなってからでは
それが少し難しい動作に感じられてしまいます・・・・・。

キャッチボールやボールキックなど、幼い頃から父親とすることには
そんな意味も実はあるんだと、父親になってから知りました。
でもそんな効果があってもなくても、幼い息子とするキャッチボールは
例えようもなく楽しいものです。

ぼくは息子と遊ぶとき、気をつけることがあります。
それは例えキャッチボールにしても、「教える」というスタンスでそれをしないということです。
もちろん、海で遊ぶときは自分の身を守ることについては、何度もくどく、言い続けますが・・。
ライフジャケットのつけかた、ヨットの上でのルール・・・・・・。
でもそれは「教える」というのではなく「伝える」に近く・・・。
問題は「目線」の高さです・・・。

遊ぶとき、ぼくは彼の友達です。
同じ目線で、時にぼくは彼以上に楽しむ。
そんな「雰囲気」に中から、彼の中の「楽しむ」という感性が動いてくれるのを期待します。
うまくなることより、楽しむこと。
でもきっと、楽しければそのことは、上手にできるようになるものです。
好きこそ・・・・の例えどおりです。

海で遊ぶ、楽しい道具を手に入れました。
「アクアグライド」というもので、これひとつでウィンドサーフィン、ヨット、カヌーになどになる
優れものです。
ボード部分はゴムボートのようなもの。
それによく考えられたマルチパーパスのリグ部(セイル、マス、ブーム)が付きます。
ぼくは息子にウィンドサーフィンをいつかは伝えたいと思っていたけど
それが幼児には少し難しい「動作」であることを充分にわかっているし
楽しい前にイヤになっちゃうのが嫌で、珍しく一緒にやったことはありませんでした。
でもこれを見たとき、ウィンドサーフィンもどきを二人で楽しむイメージが湧きました。

まずはヨットのセッティングです。
ウィンドの場合との違いは、マストが立ったまま。
実はこれは大きい。
ウィンドのはじめの一歩は、セイルアップ。
水からセイルをロープで上げ続けることが強いられます。
これはちっとも楽しくない。
ぼくはその「ヨット」に座り、息子はその立ったままのリグに手をかけます。
実際はぶら下がったり、とび跳ねたり。
それでもセイルは倒れず、ぼくは後ろで舵を取って風に合わせますからボードは進みます。
タックする瞬間には息子を腹ばいにさせ、向きを変えたらまたぶら下がる・・・。
息子はちょっと、楽しそうでした。
ぼくはほんの短い距離でも、息子とセイリングできたことに満足でした。

楽しいことは、またやろう!・・・になります。
ぼくは息子に「楽しいこと」を、いろんな形でプレゼンしていくのが
ぼくらしい伝え方と思っています。
その中から、ある日息子の感性がピキーンと反応してくれたなら本望です。

夜、息子が呟きました。
その言葉は、最近、一日の終わりの習慣のようです。
「きょうは いいひだったねーー」
もちろん、つまらない日だったときには、その逆の言葉が出ます。

よかった、今日は楽しい日だったんだ。
ぼくもだよ。
こんどのお休みも、もっと楽しくしような。

  1. 2007/08/27(月) 07:13:05|
  2. 家族の話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

湖での夏休み

2007.08.12 Sun

西湖にて

さらさらと後ろへ流れていく「みず」は、海水とは明らかに違う質感です。
オールを漕げば、そのしっとりとした水面を静かにカヤックは進みます。
暑かった日の夕方、雲は湖を囲む緑の山の上からゆっくりと湖面へ向かって降りてきています。
先ほどまでの強い日差しは、その雲に少しずつ拒まれて、ひんやりとした風が渡ります。
ここは高原の湖、富士五湖のひとつ、西湖です・・・・・。
家族全員でキャンプをしに、ここへ来ています。
(猫は留守番です・・・)

少し前から、息子は黙っています。
後姿を見ていると、じっと山ほうを見ているようです。
時折、思い出したようにカヤックの上から手を伸ばし、水を触ってみます。
ぼくはオールの手を休めているので、カヤックは漂ったまま。
静かな湖の真ん中、息子との無言の時間。
今まで経験のない「気持ち」です。
何を感じているのだろう・・・・・。
何が見えているのだろう・・・・。

息子はしばらくして再び空を見あげ、そして振り返りました。

「ぱぱぁ・・・やま、きれいだねぇ・・・」
「そうだね。綺麗だね。緑の山に囲まれて、それが湖に映ってるだろ。」
「ぱぱぁ・・・・くもがおりてくるよ・・・・」
「うん、夕立ちが来るかもしれない」
「ゆうだちってなにー?」
「今日みたいに暑い日に、突然降ってくる雨のことだよ。雷が一緒に来ることもある。」
「カミナリ!?たいへんじゃん!かえらなくちゃ!」
「そうだね、まだ少し大丈夫だけど、帰ったほうがいいね。」

ぼくたちは湖の真ん中から、出艇したキャンプ場のビーチに向かって漕ぎだしました。

こんな時間を共有したかったのだと、ぼくは感じていました。
こんな時間が一番幸せなのだとも・・・・。
こんな時間がぼくがいつもイメージする、「すばらしいとき」です。

ほどなくして、思ったとおり夕立ちはやってきました。
ほんの30分、日中の強い日差しで乾いていた木々を、しっかりと潤して去っていきました。
そのころにはすっかりと日は暮れました。
静かに湖畔の夜は更けていきます・・・・・。

  1. 2007/08/12(日) 01:45:23|
  2. 家族の話|
  3. トラックバック:3|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約