梅雨あけ、アドバンススクール

2011.07.08 Fri



東京からご参加のMさんのアドバンススクール実施。アメリカ西海岸でASAのスクールを過去に受講経験のMさん。忘れてしまって・・・とおっしゃってましたが、なかなかのセーリングセンス。少し風は弱かったけれど、三河湾の一端を楽しんでいただきました。今度は「島」へ行きましょう!
今日、スナメリの子ども死骸に遭遇・・・・。かなりショックです・・・。

  1. 2011/07/08(金) 20:27:08|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

クロアチア・クルージング・ツアー

2011.07.01 Fri

師匠のBOB先生のが10月にクロアチアでのクルージングレッスンを企画しています。できれば、そのクルージングに、ウミトモスクールの卒業生の方々と一緒に参加したいと計画中です。
アドリア海に面した、世界遺産だらけの魅力のクルージングエリア。港、港のタベルナでの食事も魅力的だし、アドリア海の海の色も素敵です。ぜひとも実現したいなー。現在参加予定、二名です。ご希望の方はぜひとも・・・。
umitomo@sea.nifty.jpまで。

  1. 2011/07/01(金) 17:27:45|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴールデンウイーク・レッスン

2011.05.13 Fri





今年のゴールデンウイーク、少し天気が荒れました。
前半はご夫婦のチャーター&クルーズ&ラーン。三河湾周辺を雨の日を縫ってクルージング。途中寄った佐久島は遠出を控えたヨットやボートで満杯!いつもの岸壁に槍付けする隙間もなく、誰か出航しないかなとしばし、海上待機。大潮干潮もあり、佐久島東港の潮位は低く、サークリングして待つ場所も限られます。どうしようかな・・・と思っていたら、愛知御津マリーナのお船の方々が声をかけてくれて、少し船をづらしスペースを作ってくれました。ありがとう!なんとか槍付けして上陸。よくよく見ると、依然自分のお船にクルーとして乗ってくれていたsさんも一緒にいて、しばし昔話。
その後ご夫婦とともにいつもの食堂「海」へ。ここも満員でした・・・。

ゴールデンウイーク後半は天候も安定しましたが、やや強い風が吹きました。その中でコンピテントのスクールを数日にわたって実施。天気はよくて、順調なレッスンのスタートとなりました。

五月の風は、一年の中でも特に好きです。
力もあって、それでいて優しさもある。
匂いも、いい。
五月の光は、海を希望に満たします。
晴れて、吹いた日にクルーズすると、「セーリングこそ人生!」と
実感するのです。

そうそう、今年初めてスナメリに出会いました。昨年は何度も西浦沖で会ったのですが、今年はなかなか出合えませんでした。一頭だけでしたが、真っ白でふっくらとしていて、元気そうなのが嬉しかった。

  1. 2011/05/13(金) 10:36:28|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

4月スクール

2011.04.21 Thu








4月、ISPAセーリングスクールは例年通りのスタートです。この季節、一週間には二日ほどは強風の日があります。東京からお越しのSさん、5日間の連続レッスンの中、一日強風の日にあたりました。その他の日も、最終日を除いて8mから10mのそこそこの風が吹いて、スクールとしてはカリキュラムを順調にこなせるいいセーリング日和でした。

三日目には、もう一人のUさんも参加して、佐久島へのクルーズ&ラン。島では槍付けのレッスンも実施しました。いつもの食堂で島ランチ。帰りには島アサリをわけてもらって、いいお土産になりました。

MOBシーケンスをセーリングで何度も実施。アンカーリングのレッスンも大島の入り江で実施。Sさんはコンピテントクルーとデイスキッパーを同時に取得されました。お疲れさまでした。

  1. 2011/04/21(木) 22:15:51|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

整備

2011.02.11 Fri



冬の時化のときは、船を整備するに限る。
船齢がいっている船だけに整備する箇所はいくつもある。
シーズン中からも、オフになったらしようと思っていた項目が
ずっとペンディングになっている・・・・。

雪交じりの雨の日曜日、少し調子が悪くなっていたウインチの整備から
始めることにした。
主にメインハリヤード用のドックハウス上のウインチが調子悪くなっていた。
右回りでシングル、左回りでダブルスピードに切り替わるのだが
シングル側が動かなくなっていた。
多分、ギアの回転を一方方向にするためのストッパーがどうにかなったに
違いない。
少しづつ、慎重に分解してゆく。
そして・・・確かにギアのストッパーの、それに付随する小さなスプリングが
折れてしまっていて、空回りする状態になっていた。
新たなスプリングと交換してグリスアップしながら組み立てなおし一件落着。

今度、こんな日があったら、今度はジブ用のウインチを分解掃除しよう。
そして、エンジン回り、次にウインドラスのスイッチ交換、キャビンライトの
LED化。
そうだ、ハルにコンパウンドもかけなきゃ。
ライフラインも今年は張り替えたいな・・・。

セーリングするだけが「ヨット」じゃない。
こんな「整備の日」も、実はヨット乗りにとってはとても楽しい日、なのだ。

  1. 2011/02/11(金) 23:56:41|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

潮騒の島 神島

2010.12.21 Tue















クルージングレッスンに今年は多くの人に来ていただいた。
12月に入ってからも週末はずっとレッスンが続いている。
セーリングクルーザーでの経験を入り口に、少しでも多くの人に
海のすばらしさを伝えることができればと思う。
そしてなにより、そうしている自分が、一番、海のすばらしさを
再認識している。

月曜日、今年講習を受けていただき、ご自分のヨットを手に入れられて
毎週のように海に出ていらっしゃるMさんのオプションレッスンを
させて頂いた。
日帰りで伊良湖水道の真ん中に浮かぶ、神島へいくことにした。

朝早い出航時、少し小雨。
天気予報は気圧の谷が午前中通過し、午後には晴れる。
帰り道は北西の風が期待できそうだ。
干潮11時、大潮の海、追潮に乗って7ノット以上のスピードで
快調に進んだ。
伊良湖水道はあまり風なく、穏やかそのもの。
冬とは思えないコンディションの中、早々と神島漁港へ入り
新しく出来た堤防に横づけした。
昼食は山海荘にて。

午後、少し風が上がる中、再び伊良湖水道を超えて三河湾へ。
中山水道を、今度は満潮に向けて転流した1ノットから2ノットの
潮に乗りながら、蒲郡へ。
セイルのトリミングについて、Mさんからの質問に答え、
実践しながら進む。
途中、暖かなお茶を飲みながら、快適なクルージング。
西浦沖を超えると、風がもう少しあがってきた。

最後にマリーナまでクローズホールドでのセーリング。
フルメイン、フルジブでジャストな風。
気持ちいい!!
沈みゆく太陽を背景に、二人占めの海を堪能した。

この季節、一週間に数日、強風が吹く。
強風の合間は、気圧の谷の通過、そして数日の穏やかな日。
変化の激しい天候だけれど、比較的予想がしやすい。
狙っていれば、こんな気分のいい日のもめぐってくるのだ。
風は重いが、その分、はっきりしている。
また湾内は波が小さく、たとえ強風の日でも、海に出ることはできる。
もっと、冬の季節、ヨットが海に出てもいいのに・・・と思う。
北欧やカナダでは、冬だってシーズンのように海に出るセーラーは
多いと聞く。

月曜日は順風のヨット日より、火曜日は穏やかな中休み、水曜日は
強風のカイトボード日より、木曜日は再び、ヨット日より・・・。
この季節は、実は海に出るのに忙しい・・・。

  1. 2010/12/21(火) 17:08:54|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ

プロフィール

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約