海の指針

2007.09.05 Wed

   コンパス

子供たちとヨットで海に出たとき、ある子が船についているコンパスに興味を示しました。

「なにー?これ?」
「これはコンパス。方角を確認するものだよ。北とか南とか・・・。知ってる?」
「しってるー!」(さすが小学生)
「じゃあ、北の空にいつも輝いてる星の名前は知ってる?」
「しってるー!えーとねー、えーとね・・・・ほ・・・っかいどう!」
「惜しいっ!でも漢字三文字でよく似てるよねー。」

思わず大笑い。
ごめんねー、笑っちゃって。でもツボにはまってしまいました。

彼女は、北極星を直に見上げたことがあるでしょうか・・・・。
二等星ですから、見つけ方を知っていさえすれば、都会からだって見られます。
でもきっと、真っ暗な山の中や海の上で、しばらくずっと見つめていると
北極星を中心にまわりの星が回っているのがよくわかって
教科書の図表でしか理解していなかった事柄が実際のこの自然の中で証明されることに
強く感動することは確実です。
子供たちに、星を見上げる機会を作ってあげることは、とても大切です。
いや、大人だっておんなじですが・・・・・。

昔から「北極星」は船乗りには特別な星でした。
天測航行をしていた時代、いつもそこに「いる」この星は船乗りに方角とともに
きっと安心感ももたらしたように思います。。

夏の間、「夏の大三角」を見あげるのが習慣でした。
見上げるたび、6月の北海道で観たあの夜空を思い出します。
今度は秋の星座を少し学んで、清んだ秋の夜空を息子と見あげてみましょうか・・・・・・。

  1. 2007/09/05(水) 00:31:13|
  2. 海の話|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ぼくの夢・・・

2007.09.03 Mon

体験乗船1 体験乗船2 体験乗船3

日曜日、知り合いの子供たちをヨットに招待しました。
年少の子から小学校低学年の子供、息子、娘を合わせて6名の子供たちです。

風は少し強くて、空も青くなく、ちょっと残念なコンディションです。
でも彼らはそんなことに構わず、とてもはしゃいでいます。
マリーナからゆっくりと「外」に出れば・・・・・。
湾の中とはいえ、ずっと広がる海にそれぞれが、それぞれの反応をしました。

すごーーい!
ひろーーーい!
海がきたない・・・・。
イルカ・・・いるかなーー!
ちょっと怖い・・・・・。
眠い・・・・。

男の子たちはラット(舵)を取りたがります。
ぼくが手を添え、ゆっくりと回して、船が動くさまを感じています。
ぼくは子供たちに、風を感じて欲しいと思っていました。
目に見えないもの、でも確実に船を動かすような「ちから」があるもの。
風のちからで、こんな大きな船が動いているのを感じて、そして自然のちからの
偉大さを、少しでも伝えたかった。
でも、少しだけ彼らは幼かったようです・・・。

セイリングはそこそこに、マリーナに帰りました。
もう少し単純に、彼らを楽しませよう・・・・。
カヤックを組み立て、マリーナの中を散策することにしました。

思ったとおり、ヨットでのセイリングよりも確実に彼らの瞳は輝き、楽しそうになってきました。
海が手を伸ばせば届くところにあり、目の前でさかなが飛びます。
桟橋に付いた貝すらも、興味の対象です。
順番に何回かカヤックでマリーナをめぐったのでした。

いつも息子と遊んでいますから、子供たちの思考パターンが、なんだかつかめてきたような
気になっていました。
でも男の子と女の子はずいぶん違うし、個人差だってもうずいぶんあるのです。
ぼくは彼らと友達になって、自分もその楽しさを感じながら、楽しい方向を探す・・・・。
あらためて、目線の高さを同じにすることの大切さを感じたのです。

そんな個性の違うこどもたちに、それでもなお、感性が育つ幼児から小学生の間に
ぼくは海を、そして自然を伝えていきたいと思っています。
息子、娘、そしてできれば、多くの子供たちに・・・・・。

ぼくの夢の形が、すこしだけぼんやりと見えてきた日曜日でした。

  1. 2007/09/03(月) 00:22:13|
  2. 自分のこと|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

久しぶりのカイト

2007.09.01 Sat

ヨットハーバーへ船の整備の目的で着くと、そのビーチでカイトをセットしている数人がいました。
ぼくは少し離れたところからしばらくそれを見ていましたが、声をかけることにしました。

「カイト・・・ですか?」
「ええ、やってみませんか?」

そのうちの一人がぼくに答えました。
その返答には少し驚きながらも、ぼくは彼の人柄がぼくとシンクロすると勝手に思いました。
なんだか、瞬時に、ぼくはこの人を信用しました。
ぼくも少しカイトをすること、いつも独りでやっていることなどを話して
じゃあ、一緒に乗りましょう・・・ということに。

ウインドの練習は、いつも誰かと一緒でした。
競う・・・ことで切磋琢磨してきました。
でもそれに疲れた時もありました。
元来、独りが気楽・・・と思いこんできたところがあります。
海にしろ、山にしろ、自分とそれの間に何も存在しない状態こそ、ピュアになれるのだと
頑なに思い続け、独りで山に入り、独りで海を渡ったりしてきました。
それが正しいとか、間違いとかいうのではなく・・・。

今日、見知らぬ誰かと、声をかけながら海に入り、しばらくぶりに仲間と共有する海を感じました。
見知らぬ誰かも、同じ思いで海に入れば「仲間」なのだと感じました。

ぼくはあまりにも頑なになる必要はないことに、ずっと前から気がついています。
もちろんぼくにとって孤独に自然と対峙する「とき」は必要です。
でもまた、「仲間」や「大切なひと」と、それを共有する「とき」もぼくにとても必要なのです。

年をとるのも悪くありません。
知らぬ間に丸くなり、若いみんなに声をかけたりことができるし
どんなに気張っても、そんなにすごいことができるわけではないので、ずいぶんリラックスして
「身の丈」でそれに臨むことができるようになってきたのです。

夕方ヨットの上・・・。
風に吹かれながら、穏やかな気持になっていました。
それはカイトがうまくできた・・・ということではなく、見知らぬひとに声をかけ
そして一緒に乗った「ぼく」が、なんだか新鮮だったからです。

   カイト      カイト

  1. 2007/09/01(土) 01:45:42|
  2. カイトボーディング|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約