川でカイト

2008.07.02 Wed



先日、ほんの少しの時間、木曽川でカイトをすることができました。
ほんの少し、行って、帰ってきただけに近いライディングでした。
足らない風に、少しフラストレーションが溜まってしまいました。
でもこんなことは、ウインド時代からよくあったことです・・・・。

随分昔、木曽川をウインドで上流から下るウィンドの大会がありました。
風があれば、プレーニングしながらジャイブを繰り返し、風下へ下る面白い企画ではありました。
しかしながらあいにくの雨模様。
そして風はナシ。
それでもレースはスタートしました。
なんだかもうこれは、いかだ下りの様相です。
ゆるやかな川の流れに身を任せ、10kmあまりのゆったりぐったりの川下りレースに
なってしまったのでした。

川でカイトでプレーニングしながら、その時のことを思い出しました。
あの日カイトをしたことを、忘れてしまうほど短い時間ではありましたが
淡水のあの水の「柔らかさ」が印象的に思い出されました。
そう、淡水は海水に比べて「柔らかい」のです。
プレーニングするとそれを強く感じます。

サーマルが期待できるこの夏。
もう一度、川でのカイトにトライしてみよう。
波はないけど、乗れるなら乗りたい・・・。
ちょっと梅雨に辟易としています。

  1. 2008/07/02(水) 22:17:00|
  2. カイトボーディング|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約