神奈川から・・・スクール生Eさん卒業

2010.11.16 Tue





神奈川から来ていただいたEさん。
二日間、三日間と二回にわたって講習させて頂いた。
今日はその最終日。
マリーナは平日なので誰もいない。
穏やかな海に、最後の復習をかねて海に出た。
風は弱かったが、セーリングによる落水者救助のトレーニング。
かなり「カン」をつかんだEさんは、危なげなく最後のトレーニングを
完了した。

昨日は強い風が吹いた。
レッスンを始めたときはまだそんなに吹いていなかった。
快調に西浦沖へ。
そこで急に風があがってきた。
フルメイン、100%ジブではオーバーヒールの状態。
ただ、三河湾の中では波が小さいので、メインセイルのコントロールで
なんとか進むことはできる。
でもこれが、外海ならば、状況はまったく違う。
オーバーセールの状態で、波の中を、波に対して適切に船をコントロール
するのは至難の業だ。
一歩間違えば、簡単に横倒しとなる。
早目、早目の判断、セールチェンジが必要なのだ。
・・・ということで、練習としてセイルをリーフすることにした。
まずは船をヒーブツーさせ、そして手順にしたがってリーフ作業。
強い風が、アクションを不安定にさせる。
顔を打つ、強い風と飛び散り顔にかかる海水が、気持ちを焦らせる。
微風で練習として行った同じアクションと、強風のコンディションでするのとは
まったく別物なのだ。
でも、急にこんなコンディションで、誰も初めから出来るひとはいない。
Eさんは、ひとつひとつ確認しながら、なんとかその作業を安全にこなした。
ご自分では少し凹んでみえたが、ちゃんと出来ていた。

西浦の日産マリーナに寄って、食事と休憩。
そして船の中で、しばらくの反省会。
手順や気をつけることなどを、手帳にメモしてゆくことに。
大事なことだ。

帰りのダウンウインドの最中、リーフラインが切れた。
急いでセールを下す。
思いもかけないことも、海の上では、よく起こる。
そんなんとき、冷静に、気持ち穏やかに対処すれば、安全に切り抜けられる。
そこには、自分は大丈夫という自信が必要だ。
その自信のバックボーンは、やはり「練習」なのだ。

いろんなことが起こり、マリーナに着いたときにちょうど日没となった。
でも、西浦半島の先に落ちてゆく太陽は、とてもきれいだった・・・・。

船の上の「こと」は、経験のない人にとってとても「戸惑う」経験だ。
ただ、それを五日間も続けると、なんだか自分が馴染んでくる。
動きに無駄がなく、揺れる船の動きにも、自然に反応する。
気持ちも緊張が解けて、余裕が生まれ、楽しむことができる。

Eさんはデイスキッパーを取得し、海の世界の入口に立たれた。
ますます経験を増やして、楽しみ、海にのめっていかれることを
期待しています。

  1. 2010/11/16(火) 23:03:47|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナイトセーリング レッスン

2010.11.10 Wed





Mさんのリクエストでナイトセーリングのレッスンを実施した。
コンディションのいい日を狙っていたので、二週間延期してしていた。
風のない日曜日の夕方、人気のなくなったマリーナをゆっくりと二人で出航した。
次第に暮れてゆく海、一層輝きをましてゆく、街の明かり。
そのコントラストが綺麗だ。

まずは蒲郡港へ入港する。
そこで少し軽食。
海図を確認し、夜の航海の目標となる「ブイ」や「灯台」を海図で確認する。
はしるコースをプランニングして、海に出る。

蒲郡港の航路ブイの間をゆっくりと沖へ進む。
ポートサイドにグリーン、スタボードサイドにレッドの灯りを見ながら
メインセイルだけあげて、沖へ進む。
風は・・・ない。
沖へ3マイルほど出たところで、西浦の灯台方向へ転進。
ふと後ろをみると、スナメリがついてきている!
夜に会うのは、初めてだ。
そして船の航跡に沿うように、蒼い光…夜光虫だ。
左右に流れる蒼い光。
まるで海のオーロラだ。
空を見上げれば、木星がひときわ輝いて見える。
そして岸に目を向けると、いつもはなんでもない「光」が、なんとも素敵な
「夜景」となっている。

出航してから5時間あまりで、ホームポートへ帰港した。
静かな、素敵な夜の海だった。

  1. 2010/11/10(水) 23:38:08|
  2. ヨット|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

プロフィール

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

RSSフィード

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約